top of page
検索
  • vs1n2oo1p3yv

ピラティスとは?CONTROLOGYから学ぶ【愛媛 松山】

更新日:2023年8月26日

ピラティスとはなんですか??ヨガとの違いは??これをよく聞かれます。 ヨガのことは私自身分かっていないのでピラティスについてブログで詳しく説明していきたいと思います今回私が所属している団体polestarpilates の課題図書でもあった 『CONTROLOGY 〜ピラティス・メソッドの原点』

より抜粋しながら説明していきたいと思います。 ピラティスの創始者は『ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス』さんです。 ピラティス氏は 健康=幸福=そもそも普通の状態 と言っています。

ピラティス氏が言っている 本当の健康とは心と体の理想的なバランスのことです!! なのでどちらが欠けていてもダメだしバランスが大切なのです

体の不調のほとんどは誤った生活習慣に起こるのだともいっています。ピラティスを行う事で誤った生活習慣で起こる身体の動きを整えていく事ができるのです😤

ピラティス氏の凄いところ!! 正常な健康状態がどういうものかを解く為に生きた見本として一生涯実践し続けます✨✨ ↑自分自身も実践して勉強し続けた人だからこそ説得力のあるメソッドなんだと日々痛感しています。80歳の時のピラティス氏の写真を一番下に載せてます。


ピラティス氏は幼い頃、くる病、喘息、リウマチ熱と身体の弱い子でした。 病を克服する為にいくつもの身体訓練法やスポーツを行い14歳になる頃には解剖図のモデルになる程健康体になります。第一次世界大戦中に怪我をした仲間の体力の回復と健康の回復を手助けすることを始めます。 →ここが私自身リハビリに通ずる所だと感じています!! これが後にコントロロジーと名付けられる身体調整法、現在のピラティス ・メソッドの始まりとなっています。 『CONTROLOGY-コントロロジー』とは? 体、頭、精神の完全な調和を目指すものである。コントロロジーは身体をバランよく発達させ悪い姿勢を正し、体の元気に回復させ心を活性化させ精神力を高めてくれます。 体と心のバランスとはなんでしょう?? ピラティス氏は身体の筋肉の動き全てをコントロールすること。 身体の骨格を構成する骨によって働くてこの原理を正しく活用すること。 身体のメカニズムについて完全に理解すること。 そして活動中や休息中、睡眠中の体の均衡の法則と動の法則がどのように働くのかを理解すること。 これらの知識をコントロロジーと名付け、この技法と原理が広く受け入れられて実践されれば精神的な苦痛と身体的苦痛が軽減し人生の真の喜びになるはずだとおっしゃっています😤 コントロロジーが目指す体とはしなやかな筋肉であるということ。 本当の柔軟性は全ての筋肉が均一に発達することでしか活動できないといっています。

なのでピラティスをして 筋トレ感や体が固まる感じがしたと言う方! それはピラティスの真の目的からずれてしまっていると言う事になります!

ピラティスが広まっていく過程で様々スタイルに枝分かれし、時には他の健康法やエクササイズとミックスされてしまっているからですそのため、よく筋トレやストレッチの一種と間違えられたりしやすいのです これではピラティス氏が言うところの人間本来の健康と幸福に導くことはできないといっています。せっかく運動して本来の目的が得られないのはショックですよね😱 ピラティス氏から直接学んだ先生方は口を揃えてコントロロジーは単なるエクササイズでなく『学ぶもの(学問)』であると言います。学ぶ事により以前より確実に体が強く健康になっていることを実感できると!私も勉強し続けて真のコントロロジーを追及していきます。 それをお伝えできるよう引き続き努力していきます。

ピラティスにおいて大切なこと ピラティス氏は正しい呼吸法を覚えないと身体的なエクササイズから利益を得ることはできないといっています。正しい呼吸は心臓の負担を減らすと同時に血液を浄化し肺を発達させるといっています。

ピラティスは仰向けや横向きなどの姿勢で行う事が多いのですが、これは内臓が本来あるべき位置に近くなることを生かしまだ見つかっていない潜在的な内臓の欠陥を悪化させない要素があります。この事からもピラティスが身体の負担をかけずエクササイズができることを物語ってますよね。 これからの時代共働きが多く身体、心双方の健康が大切になってきます。 家事や育児、仕事 現代人は忙しく 身体が疲れやすくなっている事に関して 後回しにしがちです。 それが慢性的な肩こり、頭痛、腰痛など 様々な不調に繋がっていきます。 ピラティスをする事で 健康=幸福を手に入れて 身体も心も健康になりましょう✨✨




愛媛県 松山市 ピラティス CONTROLOGY 課題図書

愛媛県 松山市 ピラティス ジョセフピラティス氏

bottom of page